2010年より始まったGo Green Marketは、おかげさまで年々盛況を増し、東京と名古屋の二箇所で開催されるビッグイベントとなりました。


我々がコンセプトとして掲げている『Go Green』という言葉は「地球環境にやさしく、資源を大切にシンプルな暮らしを送る」という意味を持っています。

これは3R【Re-USE(再利用)、Re-DUCE(軽減)、Re-CYCLE(資源再生)】の実行と共に、私たちの暮らしに欠かせない永遠のテーマだと確信しています。


美しい緑の庭で、厳選されたジャンク雑貨やアンティーク、クラフトやファブリック、植物の寄せ植えやフードなど、その道のスペシャリスト達による様々な提案をお楽しみ下さい。

2014/10/05

【GGM in Nagoya 出店者紹介】 teto*mono(愛知)

こんばんは。
管理人のRIKAです。

今回は、「teto*mono」さんを紹介させていただきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
teto*mono
http://tetomono.exblog.jp



Q.「teto*mono」さんの自己紹介をお願いします。

陶のうつわと小物を、愛知県豊田市の緑豊かな地にて、
ひとつひとつ手づくりしております。
ナチュラルな暮しのなかで、シンプルだけれど温かみのある
teto*monoの作品をお使いいただけると嬉しいです。



Q.「teto*mono」さんのGoGreen!なところを お聞かせください。

里山の暮しの中での恵みに感謝しながら、モノづくりしています。
まわりには自然が多く、山にはタケノコや栗が、
庭には新鮮な野菜や草花が育っています。

自然の成長する様子を見る楽しみと、
その美味しい恵みを楽しみに、
どんな料理にしようか?
どんな器が合うのかな?
と、作品づくりのヒントをもらっています。


Q.今回の出店テーマについて お聞かせください。

そっと暮しに寄り添う。
手づくり陶器のあたたかさ・やさしさ。



Q.今回これを見て欲しい!!ぜひ紹介したいモノやコトを お聞かせください。

「手づくり」というもの感じて欲しいです。

大量生産の器や使い捨ての器は身近にありますが、
手づくりの陶器は高いから・・・と、
毎日使う器であっても、手づくりのものは持っていないという方も
意外と多いと思います。
でも手づくりのモノは思いが込められている分、
あたたかく・やさしく、そして手元にあると使うのが嬉しくなるもの。
それを感じてほしいのです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

出店名の「teto*mono(テトモノ)」の発音から
「瀬戸物(陶器)」を連想してしまった方も多いと思いますが
じつは「手から作り出されるモノ達(手とモノ)」という意味が
込められてるとのコト。

色々な手から作り出されるモノ達、その作り手さん達との出会いが
ここに集まってくればいいなぁという思いも詰まっています。

人の思いは、モノを通して伝わり めぐるのだと
teto*monoさんが作ったり、集められた作品たちから
直に 感じてみたいですね。