2010年より始まったGo Green Marketは、おかげさまで年々盛況を増し、東京と名古屋の二箇所で開催されるビッグイベントとなりました。


我々がコンセプトとして掲げている『Go Green』という言葉は「地球環境にやさしく、資源を大切にシンプルな暮らしを送る」という意味を持っています。

これは3R【Re-USE(再利用)、Re-DUCE(軽減)、Re-CYCLE(資源再生)】の実行と共に、私たちの暮らしに欠かせない永遠のテーマだと確信しています。


美しい緑の庭で、厳選されたジャンク雑貨やアンティーク、クラフトやファブリック、植物の寄せ植えやフードなど、その道のスペシャリスト達による様々な提案をお楽しみ下さい。

2016/04/15

【GGM 2016 in Nagoya出店者紹介】北欧ヴィンテージ食器&デザイン雑貨 Kirsikka(キルシッカ)

『Kirsikka(キルシッカ)』

Q.1「Kirsikka(キルシッカ)」さんの自己紹介をお願いします。

私たちKirsikka(キルシッカ)は自然豊かで古い街並みが美しい長野県松本に店舗を構えております。
フィンランドやスウェーデンを中心に現地で買い付けてきたヴィンテージ食器や雑貨の販売、
また展示会やワークショップの開催を通じて
「北欧デザインや文化と暮らし」の魅力が少しでも皆さまに伝わり、
豊かな暮らしをサポートできたらと思っております。 


Q.2 「Kirsikka(キルシッカ)」さんの Go Green!なところをお聞かせください。

北欧と日本って共通点が多いと思いませんか?
”自然豊かで四季の移り変わりが美しい”
”生活に関心をもち機能美を追求し、古き良きものを大切にする”
というところに共通点があると私たちは感じています。
そんな環境で北欧の人々に大切に育まれてきた"北欧のモノとコト”を日本の皆さまにお届けしています。 
 Q.3 「Kirsikka(キルシッカ)」さんの出店テーマについてお聞かせください。

「毎日の暮らしに寄り添う北欧ヴィンテージ&デザイン」 
 Q.4 これを見て欲しい!「Kirsikka(キルシッカ)」さんのぜひ紹介したいモノやコトを お聞かせください。

日本の暮らしにも合う1960-80年代に作られたカップ&ソーサー、プレート、ガラス器を中心に北欧でひとつひとつセレクトした北欧ヴィンテージアイテムをお持ちします。
また、現代のアーティストがデザインしたテーブルウェアやフラワーベース、白樺細工などの北欧雑貨もお持ちします。
多くの皆さまとノリタケの森でお会い出来るのを楽しみにしております。 

【Kirsikka(キルシッカ)】
HP(Netshop/実店舗情報):https://www.kirsikka.jp
Facebook:https://www.facebook.com/kirsikka.jp