2010年より始まったGo Green Marketは、おかげさまで年々盛況を増し、東京と名古屋の二箇所で開催されるビッグイベントとなりました。


我々がコンセプトとして掲げている『Go Green』という言葉は「地球環境にやさしく、資源を大切にシンプルな暮らしを送る」という意味を持っています。

これは3R【Re-USE(再利用)、Re-DUCE(軽減)、Re-CYCLE(資源再生)】の実行と共に、私たちの暮らしに欠かせない永遠のテーマだと確信しています。


美しい緑の庭で、厳選されたジャンク雑貨やアンティーク、クラフトやファブリック、植物の寄せ植えやフードなど、その道のスペシャリスト達による様々な提案をお楽しみ下さい。

2014/09/28

【GGM in Nagoya 出店者紹介】 Kirsikka(長野)

こんばんは。
管理人のRIKAです。

今回は、「Kirsikka(キルシッカ)」さんを紹介させていただきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Kirsikka
HP : http://www.kirsikka.jp
FB : http://www.facebook.com/kirsikka.jp



Q.「Kirsikka」さんの自己紹介をお願いします。

私たちKirsikka(キルシッカ)は 自然豊かで古い街並みが美しい長野県松本の地に 2013年にオープンしました。
フィンランドやスウェーデンを中心に 現地で買い付けてきたヴィンテージ食器や雑貨の販売、また展示会やワークショップの開催を通じて「北欧デザインや文化」の素晴らしさが少しでもお客様に伝わり、豊かな暮らしをサポートできたらと思っております。

Q.「Kirsikka」さんのGoGreen!なところを お聞かせください。

北欧と日本って共通点が多いと思いませんか?
”自然豊かで四季の移り変わりが美しい”
”生活に関心をもち機能美を追求し、古き良きものを大切にする”
というところに共通点があると私たちは感じています。
そんな環境で北欧の人々に大切に育まれてきた"北欧のモノとコト”を日本の皆さまにお届けします。


Q.今回の出店テーマについて お聞かせください。

「毎日の暮らしに寄り添う北欧ヴィンテージとエコデザイン」


Q.今回これを見て欲しい!!ぜひ紹介したいモノやコトを お聞かせください。

北欧ヴィンテージについては、日本の暮らしにもマッチする1960-80年代に作られた 北欧のヴィンテージ食器の色褪せないデザイン性・機能性が伝わればと思っています。
カップ&ソーサー、プレート、ガラス器を中心にご紹介します。



また 北欧エコデザインについては、エコデザインの旗手として評価されている現代のフィンランドガラスデザイナーのユッカ・イソタロさんの作品をご紹介します。
使用済みの飲料用ボトルをリユースして環境に配慮した作品を ぜひご覧下さい。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「北欧デザイン」
スマートな中に、温かみや、優しさがあり
大好きな方も、多いですよね。

人気ゆえに、身近で取り扱うお店も増えている昨今、
重要なのは、どこで手に入れるか。。。

「北欧デザイン」の美しさ、よさ、そしてアイテムを熟知されている
Kirsikkaさん。
取り扱い量だけでなく、コンディションについても全国トップクラス。

そんなKirsikkaさんのブースで、
日本に似合う 北欧アイテムの魅力や文化についても教わりながら
「北欧デザイン」のアイテムを手に取って見られるって
特別感ある 贅沢なコトのように思います。